読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚訴訟に至るまで No. 1

2015 10月末 第二子 次女 誕生

2016  1月2日 土浦 里帰り出産→富山 高岡 アパート

          少々 長い里帰り…バアバはとても疲れました

          (長女の時も婿の両親の願いにより、暖かくなるまで?と言われ

             12月〜3月まで里帰りしていた)

          婿は里帰り中は氷見の実家で生活(職場も近い)

         

         里帰り後 婿の帰宅時間が次女出産前に比べると明らかに遅い(気のせいかしら?)

         飲み会の回数も多い

         1月末  長女 3歳誕生日

         2月12日 娘は婿から 突然「離婚したい」と…

        母は何かを察し娘に電話をする…

        泣いている 娘

        耳を疑う…何が????

        婿は両親に離婚の話を…その内容が支離滅裂で心配した婿の両親は婿を精神科に連れて行く

        ここから 婿は実家暮らし  

        2月はまだ寒く、雪の日も多い   幼児2人連れての生活は…買い物も大変

        精神科での婿の診断は 「自由にさせて…軽い 鬱?」と 婿の親の説明

        娘は何故 この様な事になったのか全く解らず…やはり病気?

        仕事はきっちり行っている様で  理由が解らない  帰宅拒否症?

        アパートで婿と話しをしても、明確な理由を言わない

        娘は子供の為に離婚出来ないと…自分なりに反省する点は改める

        婿は離婚回避したければ、娘に 土・日曜 働け  子供は実家で見てもらう

        婿は休日は自由にさせろ

        娘は婿の言動が???やはり 病気と思い 反論せず、婿の言い分を一応のむ

        3月  娘は友人の結婚式の予定があり、1週間の帰省の予定だったが、

        アパートで子供と3人の生活は辛く、長女の入園式まで(3月末)帰省

        帰省中 婿より電話が有り、娘が管理している給料の振込み口座を変更したと…連絡が?